追憶の森に捧ぐ

アーティスト源頼久 (CV:三木眞一郎)
作詞田久保真見
作曲飯塚昌明
静寂の 鎮魂歌(うた)声か お前の影か
残像は 風の如く 裂かれた胸を 吹き抜けた

孤独(さみしさ)の 捨て場所など
お前には 何処にもなかった
遙かなる時を 独り
生き抜いた 強さ

誰よりも誇り高き 我が友に捧ぐ
ひたすらにお前だけを
目指した日々を

運命の 悪戯か 宿命なのか
喪失は 空の如く 果てなく蒼い 傷跡よ

哀しみの 捨て場所など
私には 何処にもないのだ
導かれ ここまできた
優しさが 痛い

誰よりも誇り高き 我が友に誓う
あのひとを守り抜こう
生命を懸(か)けて

お前より 強くなると
追いかけた 背中
あのひとの為なのだと
今 意味を知る

誰よりも誇り高き 我が友に願う
追憶の森の中を
終の棲み処(すみか)に

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加