シャンプーの匂いがした

アーティスト22/7
作詞秋元康
作曲長沢知亜紀, 永野小織
西側の校舎抜け
プレハブの部室まで
スカートをなびかせて
一人 走る

先輩が辞めるって
今さっき聞かされた
突然の出来事に
動揺してる

穏やかに微笑む彼女を
両手を広げ留(と)めてくれたか?
気持ちは変わらなくても
話 聞かせて欲しい

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした

憧れの先輩は
窓際で待っていた
まだ胸が苦しくて
肩で息した

真っ白なブラウスが
逆光に透けていた
ハッとしたその理由(わけ)は
私の秘密

ごめんねと 声には出さずに
唇だけがそっと動いた
彼女のその決意に
おでこをつけて泣いた

他人(ひと)に知られたくない恋だった
ずっとさりげなく見つめてた
何か話したら バレちゃうから
一人 心を落ち着かせた
振り向いたその髪は
シャンプーの匂いがした

ぎゅっともう一度抱きしめられて
ずっと気づいてたと言われた

他人(ひと)に言えないくらい好きだった
そばにいるだけでときめいた
想い 気づかれぬように隠して
ずっと 告白できなかった
初めてのこの恋は
シャンプーの匂いがした

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加