男鹿の兄弟

アーティスト安藤博明&太田新一
作詞小宮正人
作曲安藤博明
あの頃稼ぎは わずかだが
苦労に耐えてた お互いに
泥にもまみれて よそ見はせずに
仕事をしたな 兄貴も俺も
励まし合ってた 屋台酒
男鹿で待ってる 寒風山が
背(せな)を押すのさ 俺達男鹿の・・・兄弟だ

心配掛けてた おふくろの
手のひらいつでも あかぎれで
餞別(せんべつ)がわりの あの塩むすび
ひとくちごとに 泣けたよ泣けた
あふれる温もり 忘れない
男鹿の三山(みやま)や 妻恋峠
染める初陽(はつひ)に 誓った男鹿の・・・兄弟だ

口癖だったな 故郷へ
みやげをかかえて 帰ろうと
暑さも寒さも いとわぬ汗で
互いに城を 築いた同士
ほどけぬ絆は これからも
男鹿の人情 励ます声が
届く星空 しみるぜ男鹿の・・・兄弟だ 兄弟だ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加