夢遊の籠

アーティストアンド
作詞郁磨
作曲KAJI
ぽつり ぽつり 零れた言葉
知らず知らず 部屋中敷き詰められ
閉ざしたまま 開かずの扉
開くことは無く

飼われたのはいつからだろう
代わりが来て希薄になるばかりで
変わり果てた最愛の人
透明な僕には気付かずに

眠り見る夢に僕は今も生きてる?
目覚め見る夢に僕は無く
貴女寄り添った僕が其処に居れるなら
其処ニ痛イ

透明ナ僕ハ最愛ノ人ヲ ツヨクツヨク締メ殺シテ
其ノ甘キ死屍ニ 官能ノ快楽ヲ 絡マル絲ヲ切リ

四肢を吊るす絲は絡まり
貴女無しじゃ転がる傀儡の様
絲の切れた僕の望みは
あの頃のままその瞳に居たい

透明なはずの僕を映すその瞳に
他のモノ映す事は許さない
永遠に僕を失いたくはないから
取リ出慕イ

儚イ其ノ瞳ニ 最愛ノ僕ヲ刻ミ込ンダママ オヤスミ
此ノ瞳ノ代ワリニ 安息ノ眼差シヲ 埋メ込ミ眠ラセテ

悲しまないで 怖がらないで いつも 僕が此処に居るよ
透明だった あの日はもう来ないよ
貴女が僕を失くす事はないから

終ワラナイ夜ニ 気付カナイデ居テ 痛ク痛ク 扉閉ザシテ
永遠ニ見テル 傀儡ノ願イハ 叶ワナイ夢見ニ
時計ノ針ハ 泣ク事ヲ止メテ 暗ク深ク堕チテ永遠ニ
遥カナ記憶ヲ 懐カシム事ハ無イ 死灰ニ包マレテ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加