ordinary day

アーティストtacica
作詞猪狩翔一
作曲猪狩翔一
ただ
胸の奥に
棲み着いて
燃える焔

この向い風に
立ち向かって
立ち止まっても

傘一つ持たずに
雨に濡れても
消えない焔

人間
一人一人に
そういうモノ
あるでしょうか?

夏に冬の匂いを
思い出せない様に
きっと今を思い出せなくなる

ただ
夜の帳に
無数の星が
獅噛み付いた

その中の幾つが
名前はないまま
消えたでしょうか?

ordinary day
宝物は
君が居る今日と同じ色の明日
ライラライラライ
掃いて捨てる物などないよ
なんて素晴らしいでしょう

時間の波に
記憶の海に
溺れても
きっと
笑える僕達は
ライラライラライ
飽きて止める事などないよ
だって
ordinary day
生きて行くだけ

また
朝のニュースが
多くの恐怖と
少しの安堵を

その中の幾つが
忘れたい事
忘れない事

夏に冬の匂いを
思い出せない時
きっと今を思い出すのさ

ordinary day
宝物は
君が居る今日と同じ色の明日
ライラライラライ
掃いて捨てる物などないよ
なんて美しいでしょう

時間の波に
記憶の海に
溺れても
きっと笑える僕達は
今 日常 歌え
敢えて当たり前から言うよ
なんて可笑しいでしょう

燃やし続けよう
胸の奥を
照らし合う様に歩ける僕達だ
ライラライラライ
飽きて止める事などないよ
もっと
ordinary day
生きて行くだけ

ordinary day
生きて行くだけ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加