MATATABI

アーティストアンダーグラフ
作詞真戸原直人, いしわたり淳治
作曲真戸原直人
本日は晴天なり 金色の夜叉も眠る
雲の切れ間 月が射せば あの人を思い返す

べんちゃらの酒に酔えば 犯して来た罪も消える
ねんごろに恋をすれば 今宵もまた上手く眠る

人は旅人 千代に ふらふらりと
枕交わせど 明日は夢の中 潜り込む

それはマタタビ嗅がせた猫のよう
我を忘れて堕ちてく恋模様
風にまかせて 枯葉が踊る 只々さめざめ我
恋は芽吹いて枯れての多年草
惚れた晴れた涙の雨の慕情
お会いしませう 愛しあいませう
誰彼矢庭に 問わずもがなに

天竺の旅路の途中 真実は未だ見えず
段だらの絣を着た あの人の影が揺れる
恋はまぼろし 蒼き一番星
旅は道連れ 情けは己の為ならず

まるで化け猫が盛り憑いたよう
わずか二秒で堕ちてく恋模様
闇のまにまに 漂いながら 常々徒然我
頭つかえど止まらぬ腰づかい
流れ流され場末の街づたい
お会いしませう 愛し合いませう
誰彼矢庭に 言わずもがなに

いずれまた旅はじめるさだめと
口にするほどの野暮はないでしょう
すべて忘れて 夢に溺れる 常々徒然我

それはマタタビ嗅がせた猫のよう
我を忘れて堕ちてく恋模様
風にまかせて 枯葉が踊る 只々さめざめ我
恋は芽吹いて枯れての多年草
惚れた晴れた涙の雨の慕情
お会いしませう 愛しあいませう
誰彼矢庭に 問わずもがなに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加