激情型カフネ

アーティストVALSHE
作詞VALSHE
作曲VALSHE
長過ぎた夜の静寂が激情に触れた

私が欲しくないか その指に誘われて
執着した心を踏みつけてラクになった
咽せるような戯言 似たような甘い声で
無防備なこのさみしさに付け込んでほしい

- 綺麗な御髪 その程度の女じゃない
比べられて傷ついたわ
この惨めさのどれほどがあなたにわかると言うの? -

残酷なほどにもつれ合い 愛を 愛をとせがむから
無責任に奔る熱を今夜だけは許して
火を吹く導火線なら消えない罪も道連れて
互いを喰んで堕ちていくのが
激情型のカフネ

満たされない水でも同じように与えて
同じだけ愛すれば同じように咲くだろうか
いまのうちに流せる涙は流しておこう
つぎにもし溺れたときは受け入れたいから

- 嫌いだったの あなたに向けるその顔が
仕草も声も何もかも
消えてしまえばいいのに そう思ってしまったんだもの -

許されないだから救われる 哀が 哀がともがいても
身勝手な腕に抱けば 放すこともできずに
いまも二律背反の螺旋(めいろ)の中をグルグルと
終わりの来ない苦しみ以上に
苦しいものはないのに

- 覚えていて 女は弱い生き物よ
だからどんな手も使うの
憎んでいても愛を嘯けるわ あなたにさえも -

残酷なほどにもつれ合い 愛を 愛をとせがむから
無責任に奔る熱を今夜だけは許して
滴る血の一滴まで無駄にしたりはしないから
壊れてもまだ求め足りない
激情型のカフネ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加