昭和九十年十二月

アーティストアーバンギャルド
作詞松永天馬
作曲おおくぼけい
昭和九十年十二月
僕の妹が死にました
赤いマッチの灯りかざして
笑ってました

昭和九十年十二月
僕の姉さんが死にました
赤い口紅 地面につけて
怒っていました

昭和九十年十二月
僕の母さんが死にました
赤い着物を海に浮かべて
泣いていました

昭和九十年十二月
僕の恋人が死にました
赤いスカート風にめくれて
赤いページがめくれた日々を
返して下さい

昭和九十年十二月、あの娘が死んだ。
あの娘の名前は東京。僕らが愛した街。僕らが憎んだ街。
空飛ぶマッチ売りの少女が、ビルに、家に、火をつけて回る
口紅みたいなミサイルで、僕らの街をメーキャップする
あの娘がひっそりといなくなったことを、誰も知らない
あの街が、消えたことを
テレビのなかの平和 箱のなかの国家
液晶のなかに閉じ込められた幽霊たちは笑っていますか
怒っていますか 泣いていますか
レコードのなかに閉じ込められたあの娘を
せめて、歌のなかで、生き返らせろ
ここは、息がつまる 誰か、マスクをはずしてくれ
誰か、これを聴いている誰か、あの娘の名前を
もう一度、呼んでください

昭和九十年十二月
僕の街が死にました
赤い服着たサンタクロース
プレゼント持って

昭和九十年十二月
僕の東京が死にました
赤い焼け跡 いま雪が降る
白いページに書かれた日々を
返して下さい

昭和九十年十二月 だあれが死んだ
昭和九十年十二月 だあれが殺した
昭和九十年十二月 だあれが死んだ
昭和九十年十二月 だあれが殺した

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加