アーティストLACCO TOWER
作詞松川ケイスケ
作曲LACCO TOWER
さようならの合図が 夜空に響けば
やがて遥 彼方遠く 離れてく君を思うよ
また会おうと

君の左から見てた 横顔を見ていた
笑ってるか 泣いているのか
長い髪が邪魔をしている

ただ話を続けてた 横顔を見ながら
笑えなくて 泣けもしなくて
言葉だけが行き交っている

すっと音を立てて そっと降り始めた
悲しみの雨音が どんな台詞も消してしまう

さようならの合図が 夜空に響けば
やがて遥 彼方遠く 離れてく君を思うよ
目を開けたら 空に舞う宝石 水面に映れば
遥か彼方 弱々しい 僕たちの道を照らすよ
また会えると

君の左頬の下 目の中からこぼした
嬉しいのか 寂しいからか
笑い顔が邪魔をしている

シーっと指を立てて そっと口に乗せた
「永遠なんてないわ」 そんな台詞を塞ぐ様に

さようならの合図が 夜空に響けば
明日は遥 遠くじゃなく もうそこに別れの時を用意している

さようならの合図が 夜空に響けば
やがて遥 彼方遠く 離れてく君を思うよ
その頬から スピードを上げて 今滑り落ちた
ありがとうと また会おうと さようならを
全部混ぜて 鳴り響く

さようならの合図が 夜空に響けば
やがて遥 弱々しい 僕たちの道を照らすよ
また会おうと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加