ナチュラル

アーティスト或る感覚
作詞立花龍
作曲立花龍
検討はずれな馬鹿者だけが
愛を知り 転んだ
書きかけの人生だけは
体温調整が定まらないまま火ぶたを切り落とし
ないものねだりを置きにくる

半信半疑のスーサイダー
忘れた名前を
片手で迎えにくる

ここで枯らす声があり
今歌うべき歌があり
張りつめた夢の真ん中で
なんか泣きそうだな

絞り出しちゃって
空になっちゃって
誰も溶け合わない心臓
「くれてやるものですか」と
正論の煮え湯に浸かって
爛れた皮膚を剥いだ

震える喉で
歌って行く
宙を攫った 怒りだけ置いて
何度だって嘘みたいな言葉で
私だけが紡いだ芽を晴らすまで

ここで枯らす声があり
今歌うべき歌があり
張りつめた夢の真ん中で
何回も帰る場所だから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加