大久保のおばあちゃん

アーティストアルカラ
作詞
作曲
3階のばあちゃんが 時々言うことニヤ
「子供を見て笑うな」と歩いて来た道だから

3階のばあちゃんが 更にこうも言う
「老人の事をけなすな」と歩いて行く道だから

誰か泣いている都会の雨の中
誰かじゃ分からない
ああ、花いちもんめ

3階はいつからか 若い夫婦が住み
甲高い声を上げては 浮き世の憂さを晴らして

そばで泣いてやる都会の雨の中
誰に渡せばいい
ああ、花いちもんめ

布引きの滝で 水飛沫こぼれて落ちてく
街を見下ろして 泣きたいのは僕かも知れない

誰か叫んでいる都会の雨の中
誰かじゃ分からない
ああ、花いちもんめ

誰かじゃ分かりません
なんで ばあちゃんのようにはっきり言えやしないのかな

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加