修羅と蝶

アーティストALI PROJECT
作詞宝野アリカ
作曲片倉三起也
狂える嵐 既に遠く去りて
私の中で眠り睡る修羅

糸に巻かれてたたまれる
千々に裂かれた翅だろうと

血を流した 涙の代わりに
何故それを愛と
名付けようと思うのだろう

病葉にも似た この掌
触れる冥い土 泥濘む皮膚
埋めて探さん
沈める 蛹を

時には赤に 青い黄色に染み
私は知らぬ姿を持つ修羅

溶ける光を焦がれては
心を離れ立ち昇る

棘で記せ 言葉よりも深く
ただこれが恋と
穢れたとて消えぬように

色無き葩 固く抱く蕾
開き散ることを 阻む如く

茎ごと手折らん
蠢 蛹を

そして蝶は 一斉にと舞う
何故いまが春と
お前たちにわかるのだろう

未だ息を運ぶ この胸を
破って最後の ひとひら飛べ

血を流した
涙の代わりに
なおいまも愛と
名付けたいと思うのなら

抱きしめよう
過ぎた苦しみも
愛しさが孵す化身として

毀れる抜け殻
羽化した蛹は

私を縫い閉じ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加