世紀末ゲネシス

アーティストALI PROJECT
作詞宝野アリカ
作曲片倉三起也
怒りよ
遙か天を裂き走る稲妻の切尖

哀しみ
幾万年前絶えた星の灯の下で

この世界が
生まれたとき
包んだのは
闇と光
どちらだったろう

人はひとり
産まれてくる
暗がりだけ
見つめながら

生きる事が
死に向かうのだとしても

希望よ
白む空にまた昇る黄金の太陽

愛しさ
澄んだ水面へと映る偽りのない姿

喜び
伸ばす手に触れて咲いた葩弁のぬくもり

淋しさ
蒼い夜に浮き墜ちる月の雫の中に

闇へと舞い散れ
光に埋もれよ

この世界が
終わる瞬間(とき)を
抱きとるのは
光か闇
どちらだろうか

どこに消え
逝くとしても

戦い
立ち向かう盾と響く鋼の剣の音

絶望
風が凍りつく荒野跡形もない息吹

怒りよ
遙か天を裂き走る稲妻の切尖

哀しみ
幾万年前絶えた星の灯の下で

闇から舞うのは輝く翼で
光が生むのは美しい無数の影

われわれが
歩む地を
彩るもの

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加