阿芙蓉寝台

アーティストALI PROJECT
作詞宝野アリカ
作曲片倉三起也
水銀を混ぜた薄紅の美酒を
そうと知りながら飲み乾しては
溶かしこむ 戀よ

この身が纏えぬ白繻子の衣を
微醺の躰を巡り終えた
血糊で染めれば

甘き死を粧って
あなたが抱く
私こそが罌粟の華

足も腕ももぎ取られた
囚われの女のように
想いだけが留まっている
胸を裂けばこの鼓動を
捧げて饗せますか

擦り切れた絹の阿片寝台に
臥せれば百年も昔の
黄昏が広がる

永い刻をただ出逢う為だけに
生きたと申し上げましょう
あなた終わりなどないと

永遠の忘却は
恐れより痛みより
耐え難いもの

頸も骨も切り刻まれ
人形の一塊となる
わが心は烟と散り
物を言わぬ脣から
吐き出される紫

吸えよ深くこの私を
さあ咽に皮膚に肉に
爛れながら気づくがいい
限りないほどの恍惚
真の愛の化身を

私を視る眼を剔ろう
ああ愛しき罪人よ
闇の底で共にあらん
裂いた胸の心臓を
重ねて饗し合おう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加