ぼくはぞうきん

アーティスト半崎美子
作詞半崎美子
作曲半崎美子
きみと出会った頃
ぼくはまだタオルと呼ばれていたね 懐かしいな
顔を洗ったあとや汗をふいたり
時には涙もぬぐったりして

夏には目隠しして スイカ割りもしたね
熱が出たら冷えた体で
おでこに乗ったりもした

あれからどれくらいたったんだろう
ぼくの体のイラストが消えかけた頃

ぼくはぞうきんと呼ばれるようになったんだ
机や床の上をお掃除してさ
もうきみが悲しんでいたって涙をふいてあげられない
それが少し寂しい

ぼくがタオルだった頃
体はいつもふかふかで
ぬれたきみを包むのにちょうどよかったよね

今となってはぼくの方がぬれていて
しぼられることにももう慣れたよ

きみのまわりをぴかぴかにする
それがぼくの楽しみになったんだ

どうかぼくが真っ黒になるまで使ってくれないか
それが一番嬉しい
いつかお別れがやってくるその日まで
教室の隅っこでいつも見守っているよ

教室の隅っこでずっと見守っているよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加