Gray Blaze

アーティスト西沢幸奏
作詞西沢幸奏
作曲WEST GROUND
瞼も持ち上がらないような闇が静かに息を塞いだ
十字架に絡めて偽り奏でるアリア

心の底がひび割れていく 染み付いた憎しみを抱いて
水面が写す歪んだ姿 波紋へ溶けるまで

いつから悟ってしまったのだろうか この愛が 消えてしまうことを

力が欲しいと喚いているのは 声が枯れるまで叫んだのは
守るため 救うため 壊してくため 捧げた祈りの中 孤独な旅は続く
戦いの鐘が鳴り響く 冷たい影を纏う炎が今 Gray Blaze

幼子のように危く自らを抑え込む戦場は
全てに霧がかかったように暗い煉獄

呪われた身体を流れる黒い血が蝕んだ瞳
やっと捉えた温もりの色が褪せて溶けるまで

行かないでよ 一人では歩いていけないよ
風がかき消してく

背負って生きていくと決めたんだから 胸がいくら張り裂けようと
守るため 救うため 壊してくため 捧げた祈りの中 孤独な旅は続く
真の導きはその先に ひとつの蕾が今荒々しく Gray Blaze

もしこの世界から私だけ失くなってしまえば (I disappear)
力なく暗闇へ堕ちていく夢を何度も見た (in a nightmare)
きっとそう、このままじゃ駄目だから 誓ってみせてくれ (without fear)
あぁいつまでも蹲(うずくま)ってるこの罪の意識を (just be alive)
抱えて もがいて
許して 許して 許して 許して…

力が欲しいと喚いているのは 声が枯れるまで叫んだのは
守るため 救うため 壊してくため 捧げた祈りの中 孤独な旅は続く
戦いの鐘が鳴り響く 冷たい影を纏う炎が今 Gray Blaze

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加