あの夏、僕らは。 -New Version-

アーティストH△G
作詞H△G
作曲H△G
あの夏、僕らは真夜中の神社で耳を澄ましながら、
遠くで鳴り響く雷を見ていた。ただ、ずっと見ていた。

幼き日、手を引かれ歩いた祭り路。手筒の花火と綿菓子。

僕ら過ごしたあの夏、遠い記憶の彼方で今でも。
あの日の面影 残したまま、君は大人になってたんだ。
僕を残して...

あの夏、僕らは夕闇の神社で薄暗くなるまで、
ふたりで作った秘密基地探した。ただ、ずっと探した。

幼き日、身を潜めて隠れた杜の中。神様蜻蛉が揺れてた。

鳴り止まない蝉時雨、夕立ちの気配がした夏の日。
切り過ぎた前髪を気にして、君はずっと俯いたまま、
手を振っていた...

僕ら過ごしたあの夏、遠い記憶の彼方で今でも。
あの日の面影 残したまま、君は大人になってたんだ。
僕を残して...

夏の終わりを告げるように遠い夜空に谺した花火は、
少しの寂しさ残したまま、僕ら大人にしてゆくんだ。
気付かぬうちに...

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加