桜の唄 -New Version-

アーティストH△G
作詞H△G
作曲H△G
四月の駅のホームは出会いと別れの中、
ひらひらと舞う桜がこの町をまた彩る。

日が暮れるとまだ寒く、夜の帳が僕らを包み込んだ。

出会いと別れ繰り返して、僕らは大人になってゆく。
桜舞う日の四月の空を見上げて、君は何を思うだろうか?

別れのその先には出会いがあるのならば、
出会いの先にもまた "さよなら" があるのだろう。

それでもまた僕らは、桜の唄を歌い続けるんだ。

僕がいたこと。君がいたこと。素敵な恋をしたこと。
戻れはしない、ぼんやりしてたあの頃が何よりも大好きだった。

出会いと別れ繰り返して、僕らは大人になってゆく。
桜舞う日の四月の空を見上げて、君は何を思うだろうか?

僕がいたこと。君がいたこと。素敵な恋をしたこと。
もう桜の唄は聴こえないけど、君のこと誰よりも大好きだった。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加