みじかい歌

アーティスト高野寛
作詞高野寛
作曲高野寛
12時に目覚めたら 時計の針は一つだった
太陽に急かされて 僕らは今日も出かける
真上から差す光 暗い影踏む二人 笑い
ユーウツの種を手放して この手で花を咲かせるのさ

10年後の今を思い描いても
何もわからない 誰にも
いつも口をついて 歌うだけなんだ
こんな みじかい歌を

桜・紫陽花・紅葉・銀杏 季節が街の色を変える
さっきから君は あの日と同じ遠い目をしてる

100年後の今も 陽はまた昇るだろう
君も僕もいないこの場所に
そんなこと考えて 愛おしくて
こんな平凡な毎日が

10年後の今を思い描いても
何もわからない 誰にも
いつも口をついて 歌うだけなんだ
こんな みじかい歌を

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加