とおくはなれて

アーティスト高野寛
作詞高野寛
作曲高野寛
駅を乗り継ぎ6時間 昨夜のことは夢のようで
ゲームしながら気づいてた いつか終わりは来るんだな

君の街から とおくはなれて あの三叉路で 右と左へ

君のつま先冷たくて 震える夜の闇の中
どこの誰より近いのに いつも言葉は遠回り

君といつから 二人歩いて あの三叉路で 君と別れて

冷めたコーヒー口にした 苦く酸っぱい味がした
最終のバスが出る頃だ なんて眩しい月の夜

君の街から とおくはなれて あの三叉路へ もう戻れない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加