Flower

アーティストThe Floor
作詞コウタロウ
作曲永田涼司
飛んでった春の綿 見送る声に
道端のネコは振り返る
門出の歌を君に送るよ
肩を組んで踵を鳴らそう

いつも通り家の庭に陽は射すよサンサンと
風に吹かれて揺れる蕾 夢を見る

淡々と続く毎日を 3 2 1で吹き飛ばした
言葉は意味を持って何回だって風を吹かす
100年経ってまた会えたら100年前の話をしよう
青い時代越えて いつか花を咲かそう

飛んでった春の綿 手を振る雲と
幾千もの砂漠を渡る
拙い手紙 君に送るよ
いつか二人で盃を交わそう

迷い込んだ路地裏にも雨は降るポツポツと
雨に打たれて濡れる瞳 空を見る

点々と残る足跡に3 2 1で種を蒔いた
言葉は意味を脱いで何回だって雨を降らす
1000年経ってまた会うとき1000年前の話をしよう
青い時代越えて 今日は語り明かそう

いつも通り止まった日々の戸を叩いたトントンと
やっと辿り着いた 今日という日を待っていた
ぱっと声を上げて手を叩いたパンパンと
風に吹かれて揺れる蕾 目を覚ます

灯りを灯す 時間は戻る
今日は二人で盃を交わそう

淡々と続く毎日を3 2 1で吹き飛ばした
言葉は意味を持って何回だって風を吹かす
100年経ってまた会えたら100年前の話をしよう
いつも笑いあって夜を越えるよ

点々と残る足跡に 3 2 1で種を蒔いた
言葉は意味を脱いで何回だって雨を降らす
1000年経ってまた会うとき1000年前の話をしよう
青い時代越えて 今日は語り明かそう

花を咲かそう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加