natsume

アーティスト荒川ケンタウロス
作詞楠本純一
作曲楠本純一
階段を飛ばして
一つずつ飛ばして
降りてくるのは 夏の足音
振り返る僕らと
言葉交わしたのは
本当なんだ 信じられるかな

太陽に焼かれて焦がれる肌
燃えるように流れた宵の花火
少しだけ振り返ったのは
今、夏の声が聞こえたから

工場の近くの
細い細い小道
誰も見えない 夏の姿を
僕らは一度だけ
偶然一度だけ
あの場所にはもう
二度と行けないまま

陽炎に揺られて見えなくなる
群青の空に浮かぶ三角
少しだけ振り返ったのは
今、夏の声が聞こえたから

日々に追われ 日々を忘れ
僕は一人きりになって気づいた
出会えなくなってしまったこと

太陽に焼かれて焦がれる肌
燃えるように流れた宵の花火
少しだけ振り返ったのは
今、夏の声が聞こえたから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加