アーケード

アーティスト荒川ケンタウロス
作詞場前, 楠本純一
作曲場前
周波数が合っている
どれだけ通い詰めただろう
知らない場所はないから
お目当てまで一目散

転校生のエピソード 誰より世界を知ることが
あの頃の僕らには 格好が良く見えたから
大きくなったら この町の一番になるんだと
言ったなら 笑うんだ

100円11枚のメダル持って 駆けだした
周りに何かを言われたって 別に構わないんだ
勝負はだいたい勝てないよう
仕組まれてたって知らないよ
飲み込まれていく純真と おこづかいの中

僕の欲しかったもの そう あれも
全てがあったのは そう アーケードだった

何でも揃っているのに 笑うんだ
世界を知ってるみんなが 笑うんだ
たくさん思い出があった あったんだ

屋上へ上る階段 途中の踊り場は
放課後2人だけの 秘密の場所だった
しばらく経って会ったなら
言葉も交わさずつれないよ
やり直すことはできない 淡い胸の痛み

100円11枚のメダルは もういらないよ
新しい季節になったら ここを出ていくんだ
見慣れた町にさよならを
少しの意地に背中押され
どこにも売っていないようなものを
探しに行くよ 行けるかな

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加