dancedance or die

アーティスト荒川ケンタウロス
作詞楠本純一
作曲楠本純一
妄想の淵に立って深みを覗いてみる
くたびれた身体落ちていくのがわかる
ふわりゆらりと着地したその場所が
今は宇宙の中心地だとわかる
そして
ダンスダンス踊れない夜は
太陽系のど真ん中で
うつむいて歩く僕 君は流れ星さ
ダンスダンス強い引力に
引き千切られそうになっても
強く握り返して 君と繋がってい太陽

とうとう透明になって足跡だけが残る
朽ち果てた身体なくなったのがわかる
ぐるりぐらりと回り続ける衛星は
終わりない君と僕の秒針を
刻んでるように見える
そして
ダンスダンスずっと待っている
その瞬間を待っている
一瞬のトキメキは思えば永遠のようさ
ダンスダンス理由なんてのは
どこにでも転がっているから
適当でかまわない
君と笑いあってい太陽

未来はきっと待っている
急がなくたって待っているんだよ
Future, 君よ泣くなって
笑って待っている
ダンスダンス踊れない夜は
太陽系のど真ん中で
うつむいて歩く僕 君は流れ星さ
ダンスダンス強い引力に
引き千切られそうになっても
強く握り返して 君と繋がってい太陽

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加