オカルティクスの魔女

アーティストAyumu
作詞志倉千代丸
作曲志倉千代丸
この世界に散らばる オーブ 視覚に届かぬ者
実体の無い 観測者 全知を満たす
繰り返すペンデュラム 僅か少しの不純動機
生命の樹の果実は 土に落ちた

魔法のように 不自然で 狂気じみたこの儀式が
陣を描く筆先で 叶えるのなら 世界ごと否定する

イルミナート"それ"はまるで全てを 見透かす様に
不埒な力で 嘲笑い 至福に満たされ行く
イルミナート 錯乱する描写で"誇示"するほど
全知の力は 覆り剥がれ堕ちゆく
「仕組まれた奇跡」へと────

閉ざされた神秘主義 そこに生まれた通過儀礼
憧れの魔女 合理的 幻術のタブー
蒼ざめた馬達が駆ける 偽典を許し給え
流麗な風 上位なる 蝶々の舞う

魔法のように 目も眩む 悪夢に似た非日常が
杖の先の一振りで 操るのなら 未来ごと否定する

イルミナート"それ"をかつて神秘と 崇めた頃
大いなる愛で包み込み 福音をもたらした
イルミナート 目に見えない"奇跡"が 不都合なら
いくつかの鍵が 僕達を導いてゆく
「万物の理論」へと────

イルミナート"それ"はまるで全てを 見透かす様に
不埒な力で 嘲笑い 至福に満たされ行く
イルミナート 錯乱する描写で"誇示"するほど
全知の力は 覆り剥がれ堕ちゆく
「仕組まれた奇跡」へと────

「ゼロになる奇跡」へと────

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加