めでたしつくりごと

アーティスト山姥切国広 (CV:前野智昭), 獅子王 (CV:逢坂良太), 小烏丸 (CV:保志総一朗)
作詞ミズノゲンキ
作曲睦月周平
「よっしゃ、宴を始めようぜ!」
「皆の衆、存分に楽しもうぞ」
「準備はできている、これでいいだろう」

「子らよ、近うよれ
どれ、この父に余興を見せてみよ」
「余興…!?い、いや俺は…その」
「大丈夫だって! 盛り上げてやろうぜ!」
「俺は…結構だ」「そんなこと言わずに!」
「巻き込むな」「ほら、やるぞ! 山姥切!」
「参る! らららら」

「なかなかやりおる」
「行ってくる、遠くへ」
「待てって! 次は本気出していくぜ!」
「やはり写しの俺には…」
「ふむ、仕方ない 手本を見せてやろう」

舞い踊る花びら 楽しきゆめは
たとえ 過ぎ去ろうとも
飽くことなくまた 生まれ出づる日のよう
あなうつくしや

「どうだ、歌や舞いも悪くなかろう」
「いや、やはり写しの俺なんかに…」
「平気平気! 次もその調子で頼むぜ! 」「え…」
「ところで、酒はまだあったか」
「せっかく乗ってきたところなのによー」
「休養も大切なことよ」
「た、助かった…ほら、酒ならここにあるぞ」
「腹も少し減ってきたな」「我がままな奴だ」
「あれが良い、畑に生えておる、外れるとぴりりと辛い…」

「獅子唐じゃねえよ! 」「んっふふ…」
「なるほど、参考になる」「おい!」
「今のは"振り"だろう?」「そうかもしれねえけど!」
「愉快、愉快 さて、この父も負けてはおれんな」

重なる声から 興あることと
混ざり 戯れるたび
待ち望む時が 積もり積もる日となる
いとをかしけれ

「いやあ、終わっちまうとなると少し寂しい気がするな」
「写しの俺が、宴など…」
「面白き時や嬉しき時には終わりがあるもの、新しく作ればよい
千年経っても、それは変わらぬ」

舞い踊る花びら 楽しきゆめは
たとえ 過ぎ去ろうとも
飽くことなくまた 生まれ出づる日のよう
あなうつくしや

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加