夜ひらく花の

アーティスト越路吹雪
作詞岩谷時子
作曲C.デュモン
今日も昨日と同じように彼女は
乾いた風にさらされて土の色をした別荘の庭で
やがて訪れる甘い蜜の香りに身をこがしながら
恋人が来るのを待っておりました
夜ひらく花の鉢を窓におくのが
彼と彼女の間できめられた秘密の合図でした
彼ははたち 彼女は二十もちがうけど
二人だけの部屋で 世にも美しい

今日も昨日と同じように彼女は
乾いた風にさらされて土の色をした別荘の庭で
やがて訪れる甘い蜜の香りに身をこがしながら
恋人が来るのを待っておりました
ひと夜の愛の名残りが眼の下に隈を作っても
そんなものは彼にだって決して
見せはしないでしょう

彼ははたち いつも気ままだけど
彼女は何もかも許すすべをしっている
彼ははたち 彼女は二十もちがうけど
抱かれている時は もはや年はない

今日も昨日と同じように彼女は
乾いた風にさらされて土の色をした別荘の庭で
やがて訪れる甘い蜜の香りに身をこがしながら
恋人が来るのを待っておりました
ラララ・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加