お七 -井原西鶴原作「好色五人女」より-

アーティスト島津亜矢
作詞星野哲郎
作曲村沢良介
"吉さま恋しや ホーレヤホー"

とろりとろりと 命火燃える
ところは駒込 吉祥寺
武兵衛はお七に 横恋慕
天国 宝剣 盗みどり
あー 雪が 雪が舞う
お七 十六… 恋あわれ

(台詞)
「すべてこの世は夢芝居… 降る雪を袖にてはらう
みだれ髪… いとしき人に遭いたくて 夜更けに灯
す命火は師走間近な吉祥寺 花のお江戸に火
をつける そんな大それたことなど思いもよらぬ事
吉三郎さまとこのお七の仲を知りながら お七を
嫁にと嫌な武兵衛の無理難題 あぁ羽が欲しい
飛んで行きたいあなたの側へ 恋の闇路をひとす
じに 思いつめれば心も乱れ 罪は覚悟の火をつ
ける…」

木戸が閉まって まっくら闇夜
火の見櫓に かけ登り
お七は火事じゃと 半鐘打つ
火あぶり覚悟で 半鐘打つ
あー 雪が 雪が舞う
するりするりと… 木戸が開く

(台詞)
「唇に別れ名残りの紅をさし お七 涙の鐘を打つ…
あぁ あの鐘の音は早や九っの知らせなり… たとえ
地獄に落ちるとも 吉三郎さまとの恋のために死ねる
お七は倖せものでございます おんな心とは儚いもの…
いつかこの身は焼き尽くされようと 嘘偽りで生き延び
ようなどとは思いませぬ お七は吉三郎さまに抱かれ
てあの世へ参りとうございます ひとめだけでも ひとめ
だけでも吉三郎さまに 逢わせて下さいませ お願いで
ございます… お願い… お願いでございますーっ…」

恋は火を呼ぶ その名の通り
炎と燃えます おんな舞
未練をみちづれ 地獄道
夢みてかなしや 鈴ヶ森
あー 雪が 雪が舞う
お七吉三の… 焦がれ節

(台詞)
「吉三郎さま… お七を お七を連れて逃げて下さいませ…
吉三郎さまーっ…」

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加