夏と猫のソネット

アーティストTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.井澤詩織
作詞TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
作曲TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
ここへ帰って来てねって言ってた
あの夏の日にボクは、また居ないんだ

おなじとこだっていうけど(Nobody, Nowhere)
ここじゃないんだって、もう知ってるよ(Where have"Here"gone?)

なんどくり返しくぐり抜けても(Round and Round, Pass through"Door".)
そこに通じる扉だけ開かない(Here to"Here".)

おなじことだっていうけど(Nobody, Nowhere)
おなじものなんてもう、ないんだって(Where have"Here"gone?)

眩しい日差しと夏草の香りも
小さなころとは違うからボクは鳴く
ニャオ ニャオウ ニャオウニャオ ニャオウ
(Why not here? Who will take me to here?)

身体丸めて目を閉じるたび(Round and Round, Close my eyes.)
ボクをつくってるカタチが全部変わるんだ(Like a cloud.)

おなじように感じたいけど(Nobody, Nowhere)
おなじものなんてもう、ないんだって(Where have"Here"gone?)

だけど探しているんだよ、(Moon saw the right door.)
だからその扉開いてよ(Light feels my tear drop.)

眩しい日差しと夏草の香りも
小さなころとは違うことは知ってる
だけど、いつでもこの耳を揺らしてる
風はおなじと思うからボクは鳴く
ニャオ ニャオウ ニャオウニャオ ニャオウ
(Why not here? Who will take me to here?)
ねぇ、ボクはここにいるよ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加