イブのスープ

アーティストアルスマグナ
作詞ryow inukami
作曲mitsuyuki miyake, Takao Ogi
風が染みて 指の先で 冬の日を感じてる
帰り支度 コートを羽織ったら 坂道を走ってゆく

いつまでも変わらない愛で毎朝送り出され
少しは強くなれたかな?

ぬくもりをくれたこのスープが
ささやかな願い届けてる
灯る明かりの向こう
いつものおかえりの笑顔

バスを待って 笑い声が
はじけて行き交ってる
誰かを思いながら荷物持って
待ってる人がいるから

いつまでも変わらない物の名前ばかり
開いた欲しいものリストに書いてた

鐘が鳴り響く この街中
はずむ息で 白く染まってく
さあ手をつないで帰ろう
待ってるイブのスープが

何より一番好きなものは
ずっと遠いところにいても
忘れないでいていつでも

優しさをくれたあのスープが
ささやかな願い届けるよ
灯る明かりの向こう
いつもの・・

ぬくもりを胸に歩いてく
長く続く車道越えてゆく
今もあたためてくれる いつかのイブのスープが

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加