忘れな月夜

アーティストSound Horizon
作詞Revo
作曲Revo
宵闇の空に... 見上げた月が... 何処か懐かしく...
不意に何故か... ひとすじの《雫》

降り注ぎ... 浮かび上がる... 駆け抜けた《追憶》の《幻燈》
人差し指で... 掬い上げた... 矛盾を《否定する》ように呟いた...
私... 幸せだと...

凛と冷たい 静謐な朝の空気
差し込む光 独り切る十字

祈りを捧げる 充ち足りた幸せ
感じながらも ふと顧みる

貴族の《婚姻》は 儚い《一夜の幻想》
踊る相手も選べぬまま
世俗の《権力争い》に 組み込まれて
狭い鳥籠で 《生涯》を終える・・・・・・

その檻の中から 抜け出したのは 自分の意志などではなく
唯... 《役に立たない欠陥品》のように 処分されただけ・・・・・・

被告として駆り出された法廷。
それは、名ばかりの離婚裁判で。
裁判長をはじめ陪席者に至るまで、
《ライン宮中伯》の息が掛かった者達ばかりだった。

跡継ぎをもたらす事のない魔女。
邪魔者を離縁する為の茶番。
有る事、無い事、並べ立て、貶められ、
「婚姻の無効」だと断罪された。

子を生せぬ女は 唯それだけで 罪だと言うのなら
そんな【第九の現実】に 未練などないわ 却って清々するわ
こちらから願い下げだわ!

速攻 → 激昂 → 選帝侯 ← 月光が見てた・・・・・・

お年を召した方の朝はいつもお早いことっ!!

院長の所用による外出中、
朝課&讃課は眠いから省略しようって
秘密裏に皆で決めたのに、
クソ真面目に早起きしてる院長の姉だという噂の出戻り年増女

飾り立てた悪意を 背中で受け流す
花嫁修業の修道生活 模範的な貴族の子女にとって
私は最低の模範解答 忌避すべき最悪の未来

女の《出産適齢期》は 短い《一瞬の季節》
瞬く合間に通り過ぎる
刹那の《価値観》に 弄ばれ
狭い《然れど本質的な同調圧力》で 《生涯》を縛る・・・・・・

その檻の中から 抜け出して 自分の意志で羽撃ける
そんな《女性にとって自由な時》が何時か来るのでしょうか?

お寝坊さん達が起きて来て また新しい朝が始まるわ
駈け寄って口接ける三つの 唇から紡がれる二つの
《大好き♪》

嗚呼... 親に疎まれ 託された可哀想な 天使達は
皆... 無邪気に笑うけれど

一人は耳に 一人は目に そして
一人は喉に 重い障碍があった・・・・・・

嗚呼... 優しさを生む 母は強さではなく 痛みなのだ
寧ろ 強さはその娘

信仰の薄い《腰掛け見習い修道女》に 捨て子と揶揄されても
平気っ エリーゼ・ムッティがいるからっ!

於呼... 主よ... 愛とは何の為に...
母性とは誰の為に... あるのでしょうか?

於呼... 主よ... 生とは何の為に...
血縁とは誰の為に... あるのでしょうか?

後悔などしていないわ。 嗚呼... これが私の人生。
《特別に慕われるような聖女》でも、
《格別に憎まれるような魔女》でもないわ。
私は【一人の女】。
唯の【同じ生の哀しみを抱いた隣人を愛する一人の人間】

宵闇の空に... 見上げた月が... 何処か懐かしく...
不意に何故か... ひとすじの《雫》

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加