名もなき女の詩

アーティストSound Horizon
作詞Revo
作曲Revo
通り過ぎた遥かな灯が 落とした影に花は移ろい
乾いた風が 撫でた女の肌に 深い皺を刻む

嗚呼... 朱い空を征く 白い旅鳥よ
お前は【辿りつくべき場所】を知っているのかい?

嗚呼... 連れて行っておくれ 置いていかないで
声に出来ない声

遠ざかる《風景》に 手を伸ばした【第九の現実】に
確かなものなど何ひとつ無く

逃げ込んだ 儚い《幻想》 舞い散る花びらの中
笑う貴方 と 私 と 二人の・・・・・・

追憶に揺れる可憐なる其の《朽花》に、
咲き誇る薔薇は永遠に届かない・・・・・・

然れど... 然れど... 唯... 一輪...
この世の... 常ならざる... 薔薇が在る!

冬枯れの世界を常春が如くに、
照らし賜う美は誰ぞ?

其れぞ、我らが女王陛下!!!

わぁー、粉挽き屋の旦那に聞いたんスけど、
うちの親方がモテなさ過ぎて、
とち狂って遂に女かどわかして来たってマジっスか?

・・・・・・って、ヤッベ。マジだッ!?

おぉ、気が付いたかい?

でスよねぇ~!

やぶ医者の奴の話では...
過労と栄養不足だろうってさ...
このままじゃ... 危なかった... だろうってさ... だが...

《命の恩人》は笑って何か取り出した
俺は笑ってアレを取り出した
あんた、本当にツイてたな。さぁ、遠慮はいらねぇ。どんどん食えよ。
パンなら売るほどあるんだ! って!

まぁ、パン屋っスからねぇ!
いい食べっぷりだなぁ、姉さん!
Tres bon!

そんな経緯で... 一命を取り留めた私だったが...
ある心境の変化に戸惑い... 愕然とした後...
不思議と前向きに... 生まれ変わったような気持ちで...
暫し... パン屋さんのお仕事を... 手伝うことにしたのであった・・・・・・

パン屋の朝は本気でヤバいぜッ!
鶏 < 太陽 < 早起きで生地を
捏ねる → 捏ねる → 捏ねる → 寝るZzz...

ウチのパンは生地がウマいぜッ!
麦の種類 → 粉の挽き方 → 水に至るまで
拘る → 拘る → 拘る → 割る

風土の関係で 我が国の小麦は
他国の様には ふっくら膨らまないけど
外はパッリパリ 中はモッチモチ
工夫次第じゃ まだまだ美味くなる!?

ウチのパンで皆の腹をパンパンにしてやるぜッ!!!

焼き上げ時の指示はムズいぜッ!
長くても× 短くても× 石窯と睨めっこ
様子見 → 様子見 → 様子見 → 炭

口は悪いが 腕は悪くない
顔も悪いが それは 放っとけよ!
場所は帝都パリ 美味さは論の勿

ウチのパンでお前の腹もパンパンにしてやるぜッ!!!

逢う方なき影 追う日々の 光を見失い
傷を負う程に 老う事に 疲れたのかも 知れなかった・・・・・・

倒れる以前の... 私ならきっと...
這ってでも旅を... 続けたのでしょうね...
《挫けそうな心を励ましてくれる存在》でもあれば違ったの?
薄情な女ね けれど・・・・・・

人並みの《幸福》を 願ってはいけませんか?
《苦難》を乗り越え 咲くのが《花の命》だもの
もし此れが借り物の《物語》だとしても
《傍で愛してくれる人の笑顔》を浴びて散りたい・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加