空に抗い堕つるとも (Long Ver.)

アーティストAkhuta
作詞Akhuta
作曲Akhuta
誰の目も届かぬ霧立つ崖の端にひとり佇む
斑模様の空極彩色の海広がり色めく

染められた白地図
疑心も無く辿り歩んだのはいつからだろうか

鏡に映す真理の目
穢れを削ぎ落とされ交わりを忌む

身に絡む世の理
傷を憚る心は怖れを纏い空を鎖す
望遠の景は歪み
籠に込めた世界で満たす己の視界

神様の足跡をなぞり手を引かれ歩む
行き交う鳥が側を掠め地図の無い空を飛ぶ

目を背け手折っても猶
捨てられずに片手で引き摺る翼

身を削る世の柵
埋め込まれた原罪が心を捕らえ空を塞ぐ
傍らの鳥に焦がれ
果ての無い空に竦む身を捩り抗う

この身を焼かれ堕つるとも
その自らに科した枷を外して

身を縛る世の理
動けなかった心は翼を広げ空を翔る
進み行こう恐れずに
封じられていた鮮やかなこの世の果てへ

神様の籠を擲ち
導の無い空へ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加