天と人斬り

アーティストPsycho le Cemu
作詞seek
作曲aya
時代の果てに
朧月の掛かる夜 塊と化した影蠢く

天に問われる
「我は何処に在りや」と 「名も無き故人也」
錆びた追い風背に受けて
這いずり砂を噛み前を向け
薄汚れたこの手で裁きを
孤独に笑い赤い闇を斬る
明日はいらない
光る夜明けの白い幕が開く
ただひたすらに今を斬れ

天が詰め寄り
「我の在りし意義」を問う
返すべき言葉無く
饐えた野性が甦り
ざらつく掌で掻き毟る
飾られた正気が弾ける
孤独が笑い生に怯えた
思考が吠える
まだ眠らない陽が昇るまで
最期虚しく闇に散れ…

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加