夢現乱舞抄

アーティスト板垣奏太郎
作詞磯谷佳江
作曲小野貴光
一陣の風が如く 時代(とき)を駆けゆけと――

闇を裂いて 響く刃音 宿命(さだめ)を背負い
往くは乱世 舞うは夢か現(うつつ)か

硬き岩も砕く剣 その身は唯 気高く
焔が如く煌めく

刹那に込め討ち込む 猛き一撃 雷鳴轟かせ
戦場(いくさば)に燃ゆるは 生命の華

いざ出陣 さあ土煙上げ 地平の果てまで
荒野に落ちた 名もなき泪 踏み越えてゆけ
たとえその全てが果敢無(はかな)くとも 天(そら)を仰ぎ
覚悟を宿して 闘うのみ
烈しく 強く 乱れ舞うように

吹雪く花は 何を求め 何を願うか
月よ照らせ 我が誇りを 使命を

己が技を磨き上げて 五感を研ぎ澄ませて
この身が砕け散るまで

したたる紅き滴(しずく) 其れより出でし 鋼で在る故か
水鏡(みかがみ)に映るは 哀しき業

いざ ほとばしる閃光放ち 虚空を斬り裂け
栄華 喧噪 静寂もまた 泡沫なれど
如何なる時でも役目貫き 守り抜くと
繚乱の刻(とき)を 突き進まん
呼び覚まされた 熱き旋律

嗚呼 浅き夢よ 修羅と散り
ひとたびの縁(えにし) 繰りかえし
ただ刻みゆく歴史の中
無常を奏でる 魂の詩

永久に潰えぬ 主命を胸に 鮮やかに放つ
一撃こそ 我が存在の意義であるから

いざ出陣 さあ土煙上げ 地平の果てまで
荒野に残る 夢跡さえも 踏み越え進め
たとえその全てが果敢無くとも 天を仰ぎ
覚悟を宿して 闘うのみ
烈しく 強く 乱れ舞うように

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加