テレキャスばっか

アーティストキュウソネコカミ
作詞ヤマサキセイヤ
作曲キュウソネコカミ
新しい物に手を出す 事の出来ない事なかれ主義
みんなと同じ物でも そこじゃないんだって思ってる
鳴らしてるその音楽も 似せるつもり無くても似かよう
ある程度の位置から 中々抜け出せずにさまよう

同じような4つ打ちのダンスナンバーを奏でる
知りもしない奴らの色恋沙汰を語ってる

発売した頃は形ダサイと笑われた
形じゃなくて音なのさぁ!おぉーおっ!!

売れるー! 売れまくるテレキャスター!!
息をしろよアイバニーズ! 死にかけのアリア!
名前の由来は 実はテレビジョンのテレから
きてるって話です きてるんだってさ

日本のバンドはほとんど 外国のフェスには呼ばれない
俺もお前もあいつも 誰かも二番煎じで消えて行く
バカに向けて わかりやすく 聞こえよい嘘を並べて
ぐるぐる巡る 世界観それを 重視で頭イカれて

ゆれるー! 心ゆれる俺たちは
媚びる事を覚えちまって ダメな方に進んで行って
結局メディアが 流行を作ってるのさ
1億人の耳に 届いてないのさ

売れる売れまくるテレキャスター!!
息をしろよアイバニーズ! 死にかけのアリア!
変えられないから 変わる事が怖いのさ
ってかめんどくせぇから 何もしたくない
かぶるー! 被りまくるテレキャスター!!
誰よりも目立ちたいのに 世の中テレキャスばっか
売れてるバンドが 日本から出てかないから
誰もわからないのさ 気付いてないのさ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加