未来線

アーティスト164 feat.GUMI
作詞40mP
作曲164
立ち止った駅のホーム あの日の自分に出会えた
澄み渡ったその瞳で僕を見つめてた
「ほんのちょっと変われた?」ってあの日の自分が尋ねた
「ほんのちょっと強くなれた」とか嘘をついたんだ

何も言わないで泣きもしないで微笑んでた
僕がずっと嫌いだったあの日の僕
消えてゆく前に忘れる前に君の名前呼んだ

消えかかった夢の中で 未来の自分に出会えた
疲れ切ったその瞳で僕を見つめてた
「ほんのちょっと変われた?」って未来の自分に尋ねた
「ほんのちょっと強くなれた」とか強がってたんだ

それが嘘だって強がりだってわかってるよ
君のことは一番僕が知っているよ
消えてゆく前に忘れる前に僕の名前呼んだ

何も言わないで泣きもしないで微笑んでた
僕がずっと嫌いだったあの日の僕

それが嘘だって強がりだって構わないよ
君が今も君のままで生きていれば

この街でいつか君の元へ会いに行くよ
きっと、未来線で

遠ざかった駅のホーム そこには誰もいなくて
晴れ渡った空の色は今日も変わらない

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加