風と花束

アーティストSugar
作詞小幡英之
作曲小幡英之
休みすぎたね そろそろ 歩き出せるよ
そっと胸の中 花束持って

君という空に この手が 届かなくても
ずっと微笑んでよ 淋しさの上で

ナミダの少しあとに 頬を包んだ陽射し
君の手のひらの熱に 似てる気がした

あげるはずの花束 揺らした風みたいに
今日も 君をそばに感じてる それでいい
他愛のない言葉を かき集めた約束
もうキヲクに 変えてもいいかな

また逢えるなら…願いは 胸にしまうよ
自分だけの夢 見つけるまで

君という空に 流れた 星のような日々
ずっと君の瞳 飾っていますように

イヤでも生きるために 立ち上がったツヨサ
あの日さよならが明日を 描きはじめた

羽ばたけよってツバメを うながす風みたいに
いつも きみをそばに感じてる いつまでも
ナミダよりも時間は 早く流れいくから
キズアトさえ 愛しくなるよね

休みすぎたね そろそろ 歩き出せるよ
きっと同じこと 君も言うだろう

あげるはずの花束 揺らした風みたいに
今日も 君をそばに感じてる それでいい
他愛のない言葉を かき集めた約束
もうキヲクに 変えてもいいかな

愛と呼べる 永遠で 優しいキヲクに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加