断罪の月

アーティスト葵水央
作詞大西真弓
作曲冨田敦
深く深く堕ちる夜の火に 君はどこで怯えて震えてる
刻まれた記憶は痛みを繰り返し 頬をなぞる一雫

嗚呼 彷徨ってだ千のヒカリが 孤独癒して
忘れないで できること
僕は月華蝶 キミだけを守るため 舞い上がれ

闇を切り裂く翼で 抱きしめて強く甘く
キミの囁きが 生まれ変わる力となる
たとえ最後でも離さない 幻さえ
刹那胸焦がせ 二人 今 まじわる宿命

愛に燃えた
薔薇一ひら
零れ落ちてく

蒼く蒼く染まる足跡を 飢えた月が嘆いて叫んでる
僕にふれてる無垢な白い指先に 絡み付いた罪の糸

嗚呼 すれ違ってく千の想いが 残酷煽って
なくさないで 生きる意味
僕は月華蝶 止まらない衝動を 解き放て

全て焼き払う炎で 貫いて ほら優しく
キミの微笑みは 許し与える聖母のよう
壊してしまいたい もし解り合えないなら
愛ゆえ儚く 二人 永久に眠る宿命

罪に塗れた
薔薇一ひら
零れ落ちてく

闇を切り裂く翼で 抱きしめて強く甘く
キミのぬくもりが あふれる勇気へと変わる
果てなき未来はこの手次第 つかめるから
さぁ手を伸ばして 二人 今 まじわる宿命

夜に咲いた
夢ひとひら
待ち続けてる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加