フォークソング

アーティスト海援隊
作詞武田鉄也
作曲中牟田俊男
まだ唇に歌があります 青春のフォークソングです
十七の夏 初めて聞いた 放課後の渡り廊下で
聞いてるうちに知らず唄ってた くり返し帰り道でも
初めて僕は 僕の歌聞いて 寂しい声の奴と知りました

まだ唇に歌があります 遠い日のそれはラブソング
二十歳の冬 ドジな恋をして ヘタクソな歌の詞を書いた
でも仲間たちメロディーくれて 唄ったら声が寄りそう
息を合わせて 歌うたう時 僕を忘れて僕等になれました

そして唇の歌と歩き出し 遥かな旅をしています
ライバル達に 負けたくなくて イライラと鬼の目をしたり
まばらな客に拍手もらえずに 木枯らしの溜息ついた
でも僕等の歌は僕たちよりも 旅するうちに強くなりました

まだ唇に歌があります 年老いたフォークソングです
時代遅れで 流行に乗れず 不器用な古き歌ですが
自分のために歌は唄わない 祈ること誰かのために
歌に託した思いは一つ それは三人で決めた事です

まだ唇に歌があります 唄いますフォークソングです

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加