冬じたく

アーティスト海援隊
作詞武田鉄也
作曲千葉和臣
冬のしたくに さてもうひと仕事
日暮れの庭で薪を割る
軒に吊るした干し柿赤く熟れ
道行く人の息白く
人は生きてゆく生きねばならぬ
だから吐息で指温めて
陽のあるうちに此処で冬じたく

今年初めて焚いたストーブの傍
病の友へ便り書く
春に逢おうとただそれだけ書いて
あとは桜の花描く
人は老いてゆく老いねばならぬ
やっと静かになれたのだから
木枯らし聞いて此処で冬じたく

名刺の肩書き黒くペンで塗り消し
笑って差し出す人がいた
挨拶がわりに庭の隅の畑の
とれたてジャガイモおすそ分け
人は降りてゆく降りねばならぬ
無事に降りれば登った山を
麓で見上げて私冬じたく
此処で冬じたく

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加