ハックルベリーの夏

アーティスト海援隊
作詞武田鉄也
作曲千葉和臣
夏休み僕は最後の日 ひとりで川を上った
飛沫に濡れて岩を飛び越え あの滝を目指した
そこにみんなが主と呼ぶ 魔物が棲んでいて
つり竿ふたつに折るほどの 虹の色した山女魚
僕は子供だったけれど あいつに挑んだひとりで
遠い夏 故郷の川 流れの下に虹が走った

つり竿振って息ひそめ あいつを探し続けた
日暮れせまるその時 竿が弓なりにしなる
僕を流れに引き込むほど 手強い当たりだった
リール巻いて引き寄せれば 水面に波 立ち上がる
僕は子供だったけれど 男らしく闘った
遠い夏 故郷の川 飛沫をあげて虹が躍った

少年のきっと最後の日 僕にはあの日がそう
ついにマボロシ釣りあげて 両手で掴んだけれど
身体ごと僕は弾かれて 虹は流れに逃げた
あいつに負けて泣きじゃくり あの時 釣りをやめた
僕は子供だったけれど 大人になろうと決めた
遠い夏 あの日から 心のなかに虹が泳いでる

僕は大人になったけれど あの夏の あの日だけ
少年の時のまま 虹の色した 夢を探してる

人気歌詞ランキング


50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加