かたくてやわらかい

アーティストハルカトミユキ
作詞ハルカ
作曲ミユキ
また騒ぎだした胸の奥に
手を伸ばした(鍵を開ける)
そっとドアを引いて
さらけ出した心のひだ

らんらんらんと歌っていた
ありふれた夢のよう
生まれない何かを待っていた君とふたり
延々と絡まっている(流れ始める)
思考回路の端っこを
指先でそっとなぞっている
ほどけだした(体を開いてみたら)

あいまいな 混ざり合っているまま
思いをちぎりながら
不器用に生きてる
ああ、今は 風が吹き抜けるように
おやすみ、おやすみ。
とりとめないこの夜も
(せめてただ、歌にして。)
ああ、ため息、まばたき、そして嘘を。

またうずきだした言葉そっと
掬い上げる

ずるずると寄り添っていた
恥ずかしい生傷を
慰め合って眠っている
君とふたり
食べ散らかす日々の 残像
味気ない生活に愛を
指先でそっと護っている
祈るように

大切な 死んでしまったなら
ひとつひとつつむいだ
歌はどこへいくの。
ああ、季節は
ぬけがら残して いつも過ぎたあと気づく
とりとめないこの夜も ああ、ため息
ねえ、ただ

あいまいな 混ざり合っているまま
思いをちぎりながら
不器用に生きてる
ああ、今は 風が吹き抜けるように
おやすみ、おやすみ。
とりとめないこの夜も
せめてただ 染み付いて
忘れない 歌にした。
ああ、ため息、まばたき、安らぎ、ぼやけた、幸せ、
まだ終わらぬ憂いを。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加