枝ノ護人

アーティストhinayukki@仕事してP feat.MEIKO
作詞hinayukki@仕事してP
作曲hinayukki@仕事してP
気付けば暗い社の中 私はひとりでした
大切だったものは全て 失くしてしまいました

私の願いが叶うなら 彼らの運命が変わるなら
帰らざる記憶の海を捨て 幾億の時を渡る

見慣れた景色の面影は 過ぎ去りし日の現世か
在るはずのない色を加え 記憶の舞台を描き出す
嘗ての愛しき同胞は 同じ顔した知らぬ人
共に立つことは許されぬ 孤独を胸に抱いて

私の全てを賭し 護りたいものがある
たとえこの身がその眼に 映らなくとも構わない

見慣れた景色の面影も 過ぎ去りし日と 消え失せる
この手の先に枝を分かち 生まれいずる新しき史よ

幾度もなく問われ続ける 選ぶべき答えは何処か
二度と繰り返しはしない 血濡れた運命を覆せ

嘗ての愛しき同胞と 過ぎ去りし日の私の手
共に立つことは許されぬ 時を分かつは枝の護人

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加