長編歌謡浪曲 元禄男の友情 立花左近

アーティスト三山ひろし
作詞北村桃児
作曲佐藤川太
忍ぶ姿の 哀れさに
真、武士なら 泣かずに居よか
時は元禄 ゆく春に
咲くも華なら 散るも華
男立花 名は左近

松の並木の 灯がゆれて
今宵泊りは 鳴海の宿か
夢は遥かな 江戸の空
めぐり合わせの 糸車
誰が解くやら つなぐやら

「何んと、この宿に立花左近が泊っている?黙れ!
吾こそまこと九條関白の名代として、
江戸は東叡山寛永寺に献上の品々を宰領して東へ下る立花左近じゃ。
えゝッ、その曲者(くせもの)のもとへ案内を致せ」

音に名高き東海道
鳴海の宿の日暮れ時
本陣宿の玄関を
足音荒く踏み鳴らし
奥の座敷へ進みゆき
ガラリと開けた大襖(ふすま)
ハッと思わず立花が
目を見張すも無理じゃない
去年三月十四日
松の廊下の刃傷(にんじょう)で
家は断絶身は切腹
無念の涙のみながら
散った浅野の定紋が
荷物の上に掛けてあり
左近と名乗る曲者(くせもの)の
羽織の紋はありゃ確か二つ巴じゃ
おう、この人が内蔵之助
仇を討つ日が近いのか
東下りの行列は
夜討ち道具を運ぶのか
じっと見つめる立花左近
見返す大石内蔵之助
物は言わねど両の目に
滲む涙が万感の
想いとなってほとばしる
武士の辛さも哀れさも
知っていますぞ
男、同志の胸の裡(うち)

「あゝ恐れ入りましてござりまする、
お名前をかたりましたる罪はお許し下され。
さて、此の目録はすでに拙者に要のない品、
関白殿下直筆のこの御書状をお持ちになれば、
関所、宿場も無事にお通りなさるゝでござりましょう。
江戸へ下った暁は目指す仇を討ち晴し、
あ、いやいや、目出度く務を果たされまするよう
お祈り致しておりますぞ」

罪を被って 爽やかな
笑顔残して 去りゆく左近
哭いて見送る 内蔵之助
庭の紅葉の 霜白く
月は明るく 冴え渡る

時は来にけり十二月
十と四日の雪の夜
勇む四十七人が
目指すは本所吉良屋敷
山道だんだら火事羽織
白き木綿の柚じるし
山と川との合言葉

表門から二十と三人
裏門よりも二十と三人
総大将は内蔵之助
殿の無念と武士(もののふ)の
意地と天下の政道を
正さんものと火と燃えて
打つか山鹿の陣太鼓
今は本所の侘住居(わびずまい)
貧乏ぐらしはしていても
心は錦の立花は
遠く聞こゆる太鼓の音に
布団をけって立ち上り
耳を澄ませて指を折り
あれは確かに山鹿流
広い日本で打つ者は
松浦肥前の御隠居か
千坂兵部か後一人
播州赤穂の大石じゃ
今宵はたしか十四日
さてこそ殿の命日に
討入りしたか内蔵之助
よくぞやったぞ 嬉しいぞ
膝を叩いてほめながら
哭いた左近の横顔に
雪が降ります ハラハラと
雪が降ります ハラハラと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加