軍国舞扇

アーティスト東海林太郎
作詞藤田まさと
作曲陸奥明
可愛い二八の 花かんざしに
ちらり咲かした 心意気
見やれ今宵も 賀茂川あたり
皇国(すめら)乙女の 舞扇

「何時どしたやろか、
あてらもお国のために立派な仕事せんと
あかんなア、
いうていやったことがおましたなア。
そういうてからもう二年たったんどっせ。
一生懸命やったわ。
そやけどそれが今やっと実を結んで、
こないな嬉しいことあらへんわ。
あんたの心あての心、そして祇園中の心が明日は
日本の空へ向いて飛び立つのどっせ。」

花の振そで だらりの帯も
かたちばかりの 浮調子
勤めはなれりゃ 銃後のまもり
綾(あや)にかけます 紅だすき

「飛んだえ、飛んだえ、
あんた泣いてはんの、おんなしやわ。
あてかて、あてかて、
いゝえ祇園の人かてみんなおんなし気持やわ。
あてらの真心が天に通じたんどすもの、
泣いてもかまへんわ、
泣いてもかまへんわ。」

橋のぎぼしに 朝風受けて
待てばくるくる 銀の鳥
ほんに嬉しや 祇園の空を
晴れてひとさし 舞う翼

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加