鼻から牛乳

アーティスト嘉門達夫
作詞嘉門達夫
作曲嘉門達夫
男と女の恋模様

女と二人でボクの部屋に帰ってきたら
留守番電話のランプが
チカチカ点滅している 誰からだろう?
もしも他の女からのメッセージだと
こりゃヤバイ
イチかバチかこりゃバクチだと
再生ボタン ピー
「あっアタシ 最近全然会ってくれないのね
デンワまってまーす」ピー
チャラリー鼻から牛乳

なんとかその場はごまかして
女はトイレを貸してねと
トイレに入って出てきてシビアに一言
こう言った
「トイレットペーパー三角に折ってあったけど
誰か来てたの?」
チャラリー鼻から牛乳
「あっ あれ オレが折ってん」

なんとかその場はごまかして
女はバスルームにシャワーを浴びに
今のうちにさっきの留守電の女に電話する
女がシャワーからでてくる気配
慌てて電話を切った
バスタオルで髪の毛ふきながら
女はこう言った
「誰にデンワしてたの?」
チャラリー鼻から牛乳
「いやデンワなんてしてないって」
「ウソ」

「ホントだって」
「じゃあリダイヤルしてもいい?」
チャラリー鼻から牛乳

なんとかその場は ごまかして
うまくベッドに連れてゆき
イチャイチャしてたら
今日は絶対来るハズのない
彼女が合鍵で入ってきたガチャ
「誰それ」
チャラリー鼻から牛乳
「いや あの気分が悪い言うてたから
介抱しててん」
チャラリー鼻から牛乳
「もう 大事な話があって来たのに・・・」
「大事な話って何だよ」
「先月から・・・ないの」
チャラリー鼻から牛乳

鼻から牛乳 鼻から牛乳 鼻から牛乳

最近知り合った彼と
二人で映画に出掛けたの
「あー 面白かった」
「そう この前観たやつのほうが
良かったじゃない」
「えっ?この前って」
チャラリー鼻から牛乳

何とかその場はごまかして
こじんまりした馴染みのイタめし屋
二人で入って行くとマスター
一言こう言った

「マスターこんばんは
何か食べさせてくれる?」
「おっ彼氏髪形変わったじゃん」
「えっ!?」
チャラリー鼻から牛乳

何とかその場はごまかして
彼がアタシの部屋にやってきた
彼がトイレに入って出てきて
一言こう言った
「便座が上にあがってたけど
誰かきてたの?」
チャラリー鼻から牛乳
「いや あの掃除したから」
「タバコ吸ってもいいかな」
「あ どうぞ ハイ灰皿」
「え? 君タバコ吸ったっけ?」
チャラリー鼻から牛乳
「あの私は吸わないけど
いえ あの アニキが」
「ハブラシ2本あるんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「いえ あの いとこのね」
「あのヒゲソリは」
チャラリー鼻から牛乳
「いや あの あの ワキ剃るから」
「ヘアトニックもあるんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「たったまには使うから」
「男物のパジャマもあるんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「いやゆったりしてるからさ
好き好きなのよね」

「君トランクスもはくんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「ボクシングやるから」
「背広も着るんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「いや あの 宝塚にいたことあるから」
「26cnnの靴履いてるんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「朝 足大きいの」
「写真立てに並んで写ってる男の人誰?」
チャラリー鼻から牛乳
「お父さん」
「若いお父さんなんだ」
チャラリー鼻から牛乳
「お父さんが2才の時の子なの」

なんとかその場はごまかして
彼とふたり二人でベッドイン
「いつものように早く縛ってー!!」
「えっ!?」
チャラリー鼻から牛乳

鼻から牛乳 鼻から牛乳 鼻から牛乳

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加