光なき夜をゆけ

アーティストHUMMING BIRD
作詞石川雅敏
作曲福山芳樹
満たされないとわかっても
求めるのか永遠を
罪人と聖者の狭間で
刹那の時をつないで

終わりのない過ちに
彩られた世界は
化石の森に姿を変えて
哀しみの神話をつむぐ

いつか身体さえ風になり大地へ 還るだろう
だけど心は何処へゆくのか人は 答えを知らない
そして歩き出す
光なき夜をゆけ

深い闇に抱かれて
隠してた涙がおちる
瓦礫の街を憐れむように
月の炎が揺らめく

欲望も愛ももう見分けがつかない この世界で
幻と知りながら胸を癒すものを 人は追い続ける
痛みと引き換えに
真実を捜すように

満たされないと知っても求め続ける
限りある命を気高く響かせて
風になり大地へと還る時まで
魂はさまよい続ければいい
そして人はまた 歩き出してゆく
光なき夜をゆけ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加