銀色ドレス

アーティスト森口博子
作詞売野雅勇
作曲馬飼野康二
僕を見つめていた 蒼い瞳
ある日 突然に 消えてしまう
こんど出会えれば 間違わない
良い日であったと 抱き合うだろう
心は熱く 踊るだろう
今日という日は 良かったと・・・
ドレス着て 明日にむかう心を
いつまでも 温めておくわ
小さい僕に こだわらないで
新世紀、開き
宇宙に求めたりするのはやめよう
銀色のドレスをまとって

濡れた手を拭いて 全てすむと
君が思うのは いけないけれど
今日という刻は 忘れないで
君の髪が舞い 僕を招く
涙はもう乾ききって
夢などにはとらわれず
見つめよう 君が刻むときめき
きらめいて 僕の胸ふるえ
力いっぱい 走って行ける
新世紀、掴み
生命生まれて 時化の流れに乗る
銀色のドレスをまとって

見つめよう 君が刻むときめき
きらめいて 僕の胸ふるえ
力いっぱい 走って行ける
新世紀、掴み
生命生まれて 時化の流れに乗る
銀色のドレスをまとって

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加