お別れのうた

アーティスト国吉亜耶子and西川真吾Duo
作詞国吉亜耶子
作曲国吉亜耶子
また一歩進み出した足は
思い出を荷物に
遠い未来の果て
渡った川の向こう側には
広がる新しい世界

今夜はどしいつに訪れた
そいつは突然か
それとも知ってたかい
いつでも「またね」と言う日々が
続くと思っていた

お別れのときは必ずやって来るから
ただ最期にひとつだけ出来ること
忘れずに居ること
だけどね 私をなるべく早くに忘れてね
ただ最期にひとつだけ出来ること
それが私の愛し方

誰でも本当は知ってるさ
見て見ぬふりなのか
それとも忘れたかい
今という繋がる喜びが
あなたに届きますように

おやすみのときは必ずやって来るから
ただ最期にひとつだけ出来ること
静かに眠ること
皆が集まりそこから始まる1ページ
ただ最期にひとつだけ出来ること
それが私の愛し方

お別れのときは必ずやって来るから
ただ最期にひとつだけ出来ること
空から眺めること
なかなか会えない誰かに再び出会う場所
ただ最期にひとつだけ望むこと
君が誰かに出会うこと

いつかは誰にも訪れる
そいつは突然か
それとも気付くのかい
私は永遠に忘れない
でもあなたは忘れてね
悲しみが消え去るように
それが私の愛し方

最期の愛し方

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加